4代目のイケメン営業さん

営業担当さん
03 /17 2018
一つ前の記事で、私が頭が上がらないとい内容を書いた件になります。
イケメン営業さんと呼ぶ由来も書くことになりますね。


実はイケメン営業さんは、本職は営業ではないんですよね。
初めて会った時は去年の9月ぐらいだったかな?

実は去年の4月ぐらいから、就業先を変えようと考えていて面談を受けたり見学をしに行ったりしていたんですよね。
その時、就業先の派遣さんたちを纏める方?がイケメンさんでした。
複数の職種を常に募集している企業があって、そこで初代営業さんが紹介してくれまして、イケメンさんから仕事内容や職種で現時点で募集しているものを詳細込みで教えてくれたんですよ。

仕事内容は楽しそうというのが一番の気持ちで、イケメンさん側の方でも人が若干足りていなかったのか、私が「はい」と言ったら即というような状態でした。
ただ、その時は時給が引かかっていったんお断りしたんですよね。
ただ、私と初代営業さんの漫才に近い会話を聞いていて、イケメンさんがお腹を抱えて笑っていたのが印象的でした^^;

で、その面談後しばらくしてから初代営業さんから、仕事の紹介を受けまして。
その仕事は、イケメンさんが私を推薦してくれたと知ったんですよね。
その仕事そのものは、相手先がゴタゴタがあったようで無くなってしまったんですが…。

無くなるのは仕方ないし誰の責任でもないので気にしていなかったのですが…。
イケメンさんが他の伝手のある会社に片っ端から仕事が無いか聞きに回って頂いて、今の就業先に就業出来たという状態なんですよね。
で、私に紹介したという事で、営業としてもサポートして頂けて…。
初代営業さんからイケメンさんが探し回ってくれたという話しを聞いてビックリしましたし、頭が上がらないと思いました。

…頭が上がらないんですが、今の所は今月で辞めてしまうんですが。
もう、本当にすみません!という感じです…。

営業なら仕事としてわかるのですが、一回話してちょっとだけ推薦してくれただけで…。
営業職でないのに他に聞きに行ったりしてくれるのは、顔だけでなく中身もイケメン過ぎと思いました^^;

なので、イケメン営業さんと、心の中ではそう呼んでます^^


コメント

非公開コメント