初代営業担当さんと面談

営業担当さん
09 /24 2018
今の営業担当さんは、今の派遣会社で働くようになってからの、初代営業担当さんです。
※以下、初代営業担当→初さん

あと、採用担当でもありますね。
本当は別に採用担当の職種の人もいるのですが、事情があって私の場合に採用をイレギュラー中のイレギュラーで初さんがやったそうです。

初代というのは、過去の記事でも書いてあるのですが、担当さんが何人か変わっているからで、巡り巡って初さんに戻ったという感じですね( ̄▽ ̄;)

外見は爽やか系でスーツが似合う方ですね。
内面はぶっちゃけて表裏なく話すタイプなので、信頼出来る人だと思います。
嘘は相手が傷つく場合以外はつかないのが心情のようです。

私も嘘は嫌いだし、ぶっちゃけて話すのは好きなので波長が自分では合うんだと思います。


で…。
ここ最近何度か、就業先に初さんが様子を見に来てます。


原因は私が愚痴を言ったことが起因してまして…。


どうしても合わない人がいまして…。
それが指揮命令者の方なんですが…。

愚痴1回目
体調が悪く早退された方について、実際に帰るまでの時間を測っていたり。

自身が体調が悪い時に下から血が出ると発言したり…。
下から発言は普通にセクハラです(´・ω・`;)


愚痴2回目
更に部下の人に、自身が上司というのを使って、部下の人が断っても無理やりやらせたり。
パワハラ…(>_<;)

愚痴3回目
湿疹が出たとかでわざわざスーツのズボンのすそをたくし上げて、湿疹が出ている脹ら脛や、膝よりちょっと上の内股を見せてきたり。
それ視覚的なセクハラ…。(;´Д`)ミタクナイ…。


こういうのは、そうそう治るものでは無いので、この出来事を愚痴として初さんに言っていたんですよね。

愚痴1回目で、電話で話を聞いて頂いて、後日、初さん就業先に顔を出して対面で話を聞いてくれて大分スッキリして、対処方法を考えてくれまして。
ただゆっくり次に合うところを探しましょうか話をしてお開きに。


愚痴2回目は、電話で話さず、初さん就業先に登場。
若干、時給などの待遇面で落ちるけど、将来的に考えて、私のためになる案件を紹介される。
(この案件については、返答を後日にしてしまったので、他の人に決まり流れました。)

初さん曰く、最終的に人なりが合わないと辛くなるし、ストレスが溜まって耳や体調が悪化する、また、将来的に考えたら、待遇が少し落ちても、そちらの方が良いと言われました。

また、私は話すタイミングの境界線を超えてから、初さんに話しているらしく…。

我慢しないで、境界線を超える前に話して欲しいと言われました(´・ω・`;)

ちゃんと境界線超える前に話すことを伝えてお開きになりましたが…。


数日たって思い返すと、確かに我慢していた部分もあったなぁと思いつくこともあり…。

自分自身よりも、初さんの方が私の心の機微に詳しいなぁと思いました( ̄▽ ̄;)


契約更新の有無

営業担当さん
07 /29 2018
派遣の契約で、数か月毎に行う場合になるのですが。
多分、初回の更新が一番営業担当さんも、派遣スタッフも、就業先の人も、一番神経を使うんだろうなぁ…と思います。

・派遣スタッフから見れば、就業先の人から必要とされているか、
・就業先の人からは、嫌になって辞めてしまわないか、
・営業担当の人からすれば、派遣スタッフからも就業先から両方の更新有無の確認。

初回の更新がクリアすれば、暫くの間は更新をしようと派遣先もスタッフも考えますしね^^

それでですね…。
そろそろ2回目の更新の確認となるのですが…。

まだ営業担当さんから連絡がありません^^;

月末月初の確認になるので、忙しくてバタバタしている時に、ひょっこりと顔を見せに来てくれるんだろうと思いますが…。
というか、月末月初は営業担当さんも相当忙しいはずなんですよね。

まぁ・・・。少し様子見ですね^^;

面談時の一コマ

営業担当さん
05 /04 2018
この前の面談時に営業さんに

有明月「あ、そういえば…。」
有明月「この前、最寄り駅から自転車で帰っている途中に、家の近くで車に轢かれそうになりました。」

営業「えっ!!?」
営業「大丈夫なんですか?」

有明月「大丈夫ですよ^^。轢かれてはいないので、それに悪運が強いので」
有明月「今までに車対自転車で2回と、父の運転する車対10トントラックの居眠り運転とかでも怪我した事無いですし。」

営業「運が強いんですね…」

そこから営業さんに、もしも事故に巻き込まれた場合に労災についての流れを教えて頂きました。
労災の時に必要なのは、

・事故を起こした日時
・場所
・どういう流れで起こったか

最低限、上記3点は必要で、必ず早く担当営業にメールまたは電話で連絡をする。
営業さんに連絡が付かない時は、派遣会社に連絡する事。

事故を起こして時間が経ち過ぎると、労災を認定する所が煩いんだそうです^^;

今回は交通事故は未遂だったので良いのですが、怪我をした場合は精神的にもパニックになっているかと思うので、事前に教えて頂いてよかったです。

面談

営業担当さん
04 /30 2018
4月から新しい就業先でバタバタしています。
初めは就業先も、自身もこの仕事が合うか、分からないので2ヶ月の更新です。
その為、継続可否について数日前に営業さんに伝える事となりました。

月末の忙しい時に面談出来るか不安ではありましたが…^^;
就業先の方達は面談について快諾して頂けたので助かりました。

面談当日、営業さんと私の2人で話した所、就業先の方がどうやら私が辞めてしまうのではないかと思っていたようです^^;

私からは、今回は継続させて頂きたいという事を伝えました。

今後にあたり契約内容と違う業務が発生しそうな感じがしたので、その事を営業さんに相談しました。
現業務からもですが、契約内容からもかけ離れているので、発生した場合は即連絡してほしいとお願いされました。

あとは話しの流れで、2018年問題について営業さんが説明をしてくれました。
私の場合は、まだ数年後ですが前もって知っている分に問題は無いのと、予備知識として知っておくと良いという事で、しっかりと今の就業元の派遣会社の方針を教えて頂きました^^

普段は1時間ぐらい面談でお時間を頂いているのですが、今回は月末の面談だったので時間も無いという事で30分ぐらいお話しして、営業さんは戻られて行きました。

振り向いたら

営業担当さん
04 /23 2018
新しい就業先は、結構移動したりすることが多く、バタバタしてます(;´・ω・)

数日前に、そんな移動する時、フロアから通路へ出る時に、扉を開けるのを、

??「お疲れ様です」

と言って、後ろから手で扉を押して手伝ってくれた方がいたんですよね。

扉は鉄かなにかで出来ていて、開ける時に重たく、若干体重を乗せて開けないと腕だけでは大変だと思います。

ありがたいなぁと思い、顔を振り向いたら…

有明月「ありが…。っ!???は?!!!なんでここに?!Σ(゚ω゚ノ)ノ」

有明月「あっと…、その前に、おはようございますm(_ _)m」

初代営業「今日はこちらにちょっと用事があったので」

扉を 開けるのを手伝ってくれたのは、初代営業さんでした。

通路で少し立ちながら話をして、今度、面談のスケジュールを組んでいただくようにお願いして、初代営業さんは帰って行きました(*´ω`*)